差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。
これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもほとんどありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。
でも、気にしなくて良いです。
確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多くを占めます。
インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。
ですが、留意すべき点もあるのです。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。
注意してください。
インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを忘れないでください。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。
続きはこちら>>>>>歯のホワイトニングを効果的に行いたい

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。
ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
高い費用も、一括払いには限りません。
クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。
それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。
手持ちの資金が十分でなくても、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。
周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
もっと詳しく⇒ホワイトニング 効果 歯磨き粉