インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという問題はありませんでしたか。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。
初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。
人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。
感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。
もし金属アレルギーの不安があれば治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。
また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。
劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、その通りのケアを心がけてください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
おすすめ⇒自宅で歯のクリーニングは難しい